しみやしわを防ぐには紫外線対策が重要

強い紫外線に長い間さらされると、肌のしみやしわができやすくなります。

肌に紫外線が当たらないようにすることは、やっておくべきことです。

強烈な紫外線を浴びた皮膚は保湿力を失って乾燥しやすくなり、弾力がなくなることでしわやたるみが増えます。

しみやしわができてしまってから慌てて対処をしても、セルフケアで改善をするには根気が必要です。

また、セルフケアでは改善できないこともあるので、しみやしわができないようにケアをすることが大切です。

しみやしわができるのは紫外線が原因なので、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

ちょっと庭先に出るくらいでも、5月~9月ごろの紫外線は特に強いので対策が必須です。

日焼け止めクリームをこまめにつけ直したり、日傘やサングラスを活用することで、紫外線の強い季節を乗り切りましょう。

真冬のさなかでも、日によっては紫外線が強いので、しっかりと備えをしておいたほうがいい日もあります。

多少の強弱はあったとしても紫外線は降り注いでいるので、年間を通して常に対策は必要になります。

外に出るときは、短い時間であっても必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

窓ガラスを通しても紫外線は届くので、日差しが当たるような室内で過ごすなら、外に出ないときでも日焼け止めを塗っておきましょう。

Related posts