しみやしわの原因を知って正しい対策を

年をとってもしわが少ない肌でいたいという人は大勢いますが、しわやしみはどうしても増えがちです。

しわやしみができる要因としては、紫外線が肌に影響を及ぼして老化を促進することがあります。

人間の体が加齢による変化を受けるのは活性酸素が要因ですが、紫外線はこの活性酸素の増加を促します。

肌のしみやくすみの原因となるメラニン色素は、活性酸素の作用によってふえます。

肌でメラニン色素を生成するのは正常な機能であり、一定の量は常に代謝によって体から出ていきます。

しかし、何らかの原因でターンオーバーが遅れたり、メラニンが過剰に作られてしまうと、しみになってしまいます。

紫外線が皮膚に届かないようにすることで、しみ予防が可能です。

目元や口元には細かな浅めのしわがたくさんできます。

一方、ほうれい戦など深く刻まれるしわもあります。

皮紋という皮膚の細かいでこぼこが、一定の間隔や深さで並んでいるうちは、しわもそれほど多くありません。

皮紋の深さに多少の差があるうちはいいですが、紫外線や年齢、環境要因などで肌が乾燥しやすくなると、皮紋が乱れてしわができます。

つまり、しわやしみができにくい肌になるには、年をとることは仕方ないにしても、紫外線ケアや、保湿ケアをすることが重要と言えるでしょう。

毎日のスキンケアはもちろんのこと、しみやしわができてしまわないように、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

Related posts