しみ取りなら化粧品や医療レーザーがおすすめ

しみ取りをするのであれば、医療レーザーとしみ取り化粧品のどちらが効果があるのでしょうか。

長年スキンケアには気を使い、特に紫外線予防は力を入れていたのに、少しずつしみが目立つようになってきたという女性もいます。

しみは紫外線が主な原因ですが、ほかにも肌の老化によって角質層にメラニン色素が集まって、少しずつ皮膚の表面に茶色い色を形成してしまうのです。

しみが目立つようになると、除去することは難しいですから、早々に対処することが大事です。

顔にしみがあると、格段に老いて見えます。

多少ならメイクで隠せますが、濃いしみを隠すためにファンデーションを厚塗りするのは不自然ですし、限界もあります。

しみができたごく最初のうちならハイドロキノンのしみ取り化粧品を使用すれば、しみ取り効果が期待できます。

なるべく早めに皮膚科医にハイドロキノンやトレチノインのクリームを処方してもらうことをおすすめします。

美白に役立つ成分が使われている化粧品を日常的に使うことで、しみのない白い肌をキープすることができます。

しかし、まれにこれらの美白成分が効果を発揮しない場合もあり、その時は美容皮膚科での医療レーザーによるしみ取りが有効です。

メラニン色素が集まっている場所に反応するレーザーを使って、色素の沈着部分を焼灼してしまいます。

メラニン色素があった角質部分はかさぶたになり、1週間程度で本来の皮膚が現れてきます。

小さいうちは、しみ取り化粧品で対処できますが、広い範囲のしみ取りには医療レーザーの方が効果を得られるでしょう。

Related posts