にきび肌のケアは洗顔が必要不可欠

にきびケアの基本は、お肌の清潔さを保つために、正しい洗顔をきちんとすることです。
にきび肌は、たくさんの赤いブツブツや化膿して膿を持ってしまったポツポツなどがTゾーンを中心にできることが多いです。
お肌にはアクネ菌という常在菌がいますが、毛穴に皮脂が詰まるとこのアクネ菌が増えてにきびの要因になります。
毛穴の詰まりを洗顔で防ぎましょう。
にきびができた場所に、抗炎症作用のある薬用クリームをつけるというケアもありますが、洗顔ケアがにきびの予防策の基本です。
顔の汚れを落とすためには、低刺激の洗顔石鹸で漫然と洗顔をしているだけでは効果は得られません。
洗顔石鹸を上手に泡立てることがまず第一歩です。
清潔な手で、手のひらいっぱいの泡をつくります。
できた泡で顔全体を包み込む様にして、手のひらで直接皮膚を触ることなく、泡をクルクルと混ぜるようにして洗います。
皮膚を直接こすらないように、あくまでも泡の上からだけにして、マッサージをするようにして動かしていくようにしましょう。
皮膚を強く押したり、こすったりすると肌トラブルの原因になりますので、摩擦による負担をかけずに、泡の洗浄力だけで毛穴の中に入り込んでいる汚れをかき出すようにします。
汚れが皮膚から剥がれたころを見計らって、しっかりすすげば終了です。
洗顔は一日一回、可能なら朝と晩の一日二回行います。
あまりに何度も洗顔をすると皮膚の負担になります。
洗顔が終わったらスキンケアをしっかり行い、保湿ケアを施した上で、もしもにきびがあるなら薬用クリームをつけます。

Related posts